膠原病の種類と主な症状について

膠原病は、普段の生活の中ではあまり耳にすることのない名前ですが、時折膠原病について話題になることがある病名です。

膠原病とは、どんな症状の病気であるかあまり知られていないことがほとんどではないでしょうか。

膠原病は、ひとつの病気に対して使われる病名ではなく、いくつかの病気で共通する特徴を持つ病気の総称なのだそうです。

以前は難病と言われ、現在もそのイメージが根強く残っている印象ですが、近年では医療が進歩し、良い状態を維持しながら日常生活を送ることも可能になってきているそうです。

膠原病と言われる病気には、関節リュウマチ、全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群などがあります。

共通する症状として、主に関節の腫れや、こわばり、痛み、むくみなどが挙げられます。

これらの症状は、非常に耐えがたいものから、なんとなくというレベルまでさまざまなものがあるそうです。

それぞれの膠原病が進行していくと、各臓器にも傷害が出てくると言われています。

膠原病そのものが臓器そのものに対して異常をきたすものではなく、膠原病の進行により臓器に負担がかかるというものだそうです。

膠原病は、主に細胞と細胞の間にある結合組織に異常が現れるものなので、細胞同士を結び付けているコラーゲンなどが全身にあるために、関節や臓器など、体中のどこにでも症状が発症する可能性があると言えます。

膠原病の原因としては、主に免疫機能の異常が挙げられます。

人体には異物として認識されているウイルスや細菌などを排除する働きがあるものを免疫と言いますが、この免疫機能に異常があるために、自分の体自身を異物として認識してしまう、自己免疫反応が起こることが原因だと言われています。

膠原病に共通する初期症状では、それぞれの膠原病によって違いがあるものの、関節の腫れ、こわばり、痛み、むくみ、発熱、疲労感が抜けず取れない、体重の減少、筋力の低下や筋肉痛、皮膚に紅班や紫斑の出現、寒さに当たると指先が白く変色するなどが代表的です。

こうした症状は、風邪の引き始めやインフルエンザなどの症状に良く似ていることから、始めは気付きにくいことが多いと言われています。

また、日常生活に支障をきたすほどの重篤な症状がいきなり発症するというものでもないので、初期症状の段階では、分かりにくい事が多いそうです。

少しでもおかしいなと思ったら、早めに医療機関を受診することが重要となると思います。